MBLESS more

mbless

More Details

(バックの画像:シャスタ山)

Principles

チューニング

波動、バイブレーションということについて、もう少し詳しくいうとすると、これは、波動の高さ、次元の高さ というようなことだけではなくて、同じ波動の高さということであったとしても、そこに固有の波動というものが ある。他のものとは違った、そのものだけを識別できるような波動がある。体のことでいうなら、胃には胃の波動が あり、心臓には心臓の波動がある。また、人間ひとりひとりに、固有の波動がある。

この固有の波動というものに、ブレスレットの波動をチューニングさせていくというのはどういうことかというと、 この固有の波動というのは、例えれば、空間の中の1点のようなものであって、3次元の空間であれば、X、Y、Zの 3つの座標で一点が識別できるように、波動というのも、多次元の波動空間の中の一点のようなもので、 波動の各次元の値を指定すれば、これが指定できるのである。パワーストーンにもいろいろなものがあって、この 各次元の要素をそれぞれある割合でもっているので、適切に組み合わせてやることで、これが可能になる。

組み合わせるときに、ブレスレットのように、円環状につくるのであれば、この円環の中で、配置される場所に よって影響力が変わってくるので、ある石をどこにおくかということが重要になってくる。細かいことをいうと、 同じに見える石でも。各次元にもつ波動の値が微妙に違っているし、丸い石を磨いて穴をあけるときに、結晶の 軸の方向に穴が開いていないことも多い。なので、石をどの向きにして、円環の中にいれてやるかも関係する。

ブレスレットのような円環状に、パワーストーンを並べる場合には、もちろん、石が接していなくては、エネルギーの 流れが切断してしまう。ロンデなどをいれてしますのは、問題がある。純金であるとか、純白金のようなものを、その波動を 使うことを目的として入れる場合はべつであるが、そうでない場合には、エネルギーが極端に弱まってしまう。

もうひとつ大事なことは、非常に純度の高い石というのは、もちろん、非常に強いエネルギーをもっているが、波動の 多様性からいうと、特定の方向の次元のエネルギーしかもっていない。これに対して、いろいろな鉱物が混合して いるような石は、波動の次元が、複数の方向に向かって広がっている。どちらの系統の石も、もちろん、使い道が あるのであるが、石の波動がどのように広がっているのかを見極める力がなければ、ブレスレットを適切に組み立てる ことができない。かつて、アトランティスのころに、このようなパワーストーンを扱っていた者たちは、 そのような力を持っていたが、いまは、そのような力は、封じられているために、ほんどのものは、これをみることが できないかもしれない。

生命体としてのブレスレット

ブレスレットとか、パワーストーンをどう見るかということなのですが、石とか鉱物のようなものは、一見、無機物であって ものであるように見えるかもしれませんが、意識は宿っています。ただ、宿り方として、たとえば、小さな石ころや、 直径が数ミリの丸い石に、個別の意識があるわけではありません。これは、花とかでも、一本のバラの花を 買ってきて花瓶のさしたときに、花の妖精がついてくることはあります。この場合でも。一輪一輪の花に、個性化した 意識体がついているわけではありません。私たちは、どうしても、そういう認識をしてしまいがちですが、あるバラの花の妖精 のエネルギーというのは、ある集団のバラの花のエネルギーにつながっているのです。同じように、石のばあいにも、 ハウライトであれば、そのハウライトの原石があったところでは、ハウライトの意識のエネルギー体があって、この エネルギー体の表現として、物質のハウライトが結晶化してあらわれたということなので、あるハウライトは、エネルギー的に おおもとのハウライトの原石を出現させた意識体のエネルギーにつながっているというのが正確な認識になります。

10㎜の球形に加工されたパワーストーンであっても、そのエネルギー的に器としての力のあるものもあって、そういう 石は、本体の意識体ととても同通がよいので、お話ができたりします。もちろん、同通がよくなくても、こちらから 一生懸命およびすると、本体の意識がやってきてくれて、お話をすることもできたりします。 こういう石が1つでも、ブレスレットの中にはいると、そのブレスレットは、別格のちからをもつことになります。

石の間の相性というのもあって、一人で、働きたいという思いをもっている石もありますし、特定の3個とか5個とかの 石が、離れたくない、一緒にいたいと願っている場合もあります。こういう場合には、一緒に使ってあげたほうが、 力を発揮します。なにも思っていない、普通の石もいます。以前、ガーネットを100個くらいグロスで買ったら、 その中に、非常に個性の強い、力のある石が数個混じっていました。クリソのブレスの時は、19個のうち、1つは、別格で、 残りは、普通の石でした。

で、こうした石を使って、一本のブレスにすると、不思議なことが起こります。ひとつひとつの石のバイブレーションの 集合体というだけではないものに生まれ変わるのですね。命を与えるというか、創造されているとしか思えないような ことになるのですね。そして、この結ばれたブレスレットに、ひとつの意識が与えられます。まえの項目で説明したような チューニングということと、このブレスの意識の発生みたいなことが同時におこります。 STBでないブレスは、エネルギーが、どこかぼーっとしているのですけれども、STBの場合は、非常に明確になります。 ブレスレットの方も、切らないでっていう感じになります。ブレスを設計してくれているガイディングスピリットの 方からも、切ってはならないという明確な指示がきます。まあ、切ってもいいよっていうブレスもあるんですけど、 ミッションを持って生まれたブレスは、安易に、切ってもとに戻してはいかないということのようです。

識別子としてのブレスレット

ブレスレットのもう一つの側面として、ブレスを身に着けると、その人の波動が、身に着けたブレスによって、 変調されるということがあります。いま、私たちの生きている地上の世界では、みんな、自分と相手を、そして、 だれがだれであるかというのを見分けるのに、姿かたちでみわけたり、名前をつけて呼び合ったりしていますね。 でも、これが意識だけ世界になったら、どうでしょうか。見分けは、その人の思い、思いの精妙さ、そして、その個性ですね、 どういうふうに思っているかで相手を見分けるしかありません。だれと話がしたいかというときにも、相手のバイブレーション をイメージして、思いを送る必要があります。

地上に肉体をもって生きているときに、高次元の人たちの方から、私たちを識別しやすくする ひとつの手段として、実は、このブレスレットが使われることがあります。 ブレスレットには、高次世界とのエネルギーの次元変換器のようなところがあって、高い次元のところから エネルギーを引いてきたりするだけでなく、その次元との間の接続をしてくれます。そして、固有の波動という意味で、 ブレスレットを身に着けている人のエネルギーを変調することで、その人がだれと通信したいと思って いるのかというフラグを立ててくれるということがあります。一種の識別子の役割を果たしてくれるということです。 そういうブレスは、誰でもがつかえるわけではなくて、特定の人にチューニングがとられていることが多いので、 その意味では、認証機能がついていることになります。

戻る

ヒーリング

ヒーリングということがあります。このヒーリングというのは、何をやっているのかというと、 高次元のエネルギーを引いてきて、これを相手に入れることで、その人の傷ついている魂を癒し、 体の不具合が発生しているときは、この不具合も修正していく、そのような一連の作業のことを いうようです。実は、ブレスレットにも、このヒーリングの作用というものがあります。まさに、 このエネルギーを高次元の世界から引いてきて、入れてくれ、魂の癒しをしてくれます。 心と体にたまった毒素を流して、浄化し、曇りを払ってくれる働きをします。 体の中に不具合なところがあれば、その部分を修正してくれます。厳密にいうと、人間の魂や その表現である体には、自浄作用が埋め込まれていて、傷ついた部分を、癒し再生していく働きは 初めから埋め込まれているので、その力に働きかけているだけなのです。

ブレスレットとは、別に、直接に、相手の方をヒールするということは、もちろん、原理的に可能です。 同じことをすればいいだけですから。ただ、問題は、エネルギーは、ヒールする人を通じて、相手の人に 流れるということです。当然、ヒーリングをする人に入ったエネルギーは、その人の固有の状態の影響を うけるので、その人が、体の調子が悪ければ、その悪さが、相手の方に伝搬してしまう可能性があります。 特に、体調が悪くはなくても、その方の個性で変調されるので、まあ、輸血をしているような 感じになります。ベストマッチではないこともあるわけです。

ですから、ヒーリングをするということであれば、無心な愛の思いというものを持ってやっていただきたいと 思います。それから、ブレスレットを身に着けている場合にも共通しますが、ヒーリングを受ける側の方の 問題というのもあります。 それは、今、心や体に不調があるとすると、それは、自らの心の思いや行動というものが積み重なった結果として、 いまの自分があるということなのです。心で思うことというのは、だれでも、自由に思うことができ、 この自由というのが、人間に与えられている最大の恩恵であろうと思いますが、この自由のゆえに、 その方向を間違えると、いろいろなものが、自分の内側にたまっていくのです。

ブレスレットにしても、ヒーリングにしても、ある意味、応急措置、緊急避難的なところがあって、 心の思いを正さないままに、人を恨んだり、自分を傷つけたりし続けていると、これは、いたちごっご のようになって、最終的には、効果がないということになります。 最後は、自分で、自分の力でなんとかしないといけない領域があるということですね。 学問に王道なしというようなことがいわれることがありますが、人生にも王道はないということでしょう。

すこし、蛇足になりますが、お母さんが、わが子が病気になって、熱を出してくるんでしたりするときに、 一生懸命、はやくよくなってほしいと思って看病しますよね。実は、この姿というのが、ヒーリングの 原型です。お母さんは、お子さんをヒーリングしているという面があるんです。実際に。そういう風に 思ってはいらっしゃらないかもしれませんけど。ですから、いたずらに、ヒーリングという技術にだけ、こだわっては いけません。

これとは、また、違う風景ですけれど、病院の病室の枕元なんかに、お花を飾ったりしますね。この花は、 一般に、植物全般にそうですが、強いヒーリングのエネルギーをもっています。セラピーとか、治療用の施設が、非常に 自然環境のいいところに作られたりすることがありますが、これも、本当は、私たちを取り囲んでいる、大自然には 強いヒーリングの力があります。 もちろん、食べ物にも、水にも、非常によいものには、それだけの力があるということで、そういうことが、 いまの時代は、忘れ去られてしまっているだけなのです。


メッセージ: ヒーリングも究極までいくと、体の中の障害を消してしまったり、難病を治したりというところまで行く。 これは、ヒーリングをする人を通して、天界の医師団が働いてくれて、初めてなせる業だということである。 この種のヒーリングは、一種の創造原理でもあるということ。ひとつ大事なことは、天界の医師団の力だけでも ダメであるし、ヒーラーの力だけでもだめなのである。これは、いくつか理由があって、あの世の方から、 勝手に、この世の世界に手を出してはならないということがあり、天界のものは、この世にいる、この世に 生きているものを通してのみはたらくということ、これは、天界とこの物質世界の波動があまりにも違うために、 直接には、効果的に働きかけができないということがあるということ。ヒーラの意識というものが、対象と なる人に集中しているときに、そのエネルギーの通路というものができ、これを通じて、治療のオペレーションが 行われるということ。あなたは、ヒーラとしての専門家の魂ではないが、もし、ヒーリングをやりたいのであれば、 我々には、それに協力する用意がある。また、ブレスレットというものは、このヒーラと同じような役割を 果たすことができるということがあるということ。適切なチューニングのとれたブレスレットを身に着けた人 には、上の世界から、働きかけがしやすいということがあるということである。

戻る

Message From a Guiding Spirit

パワーストーンについては、いま、世の中で知られているより、はるかに多くの情報がある。すこしづつ実験していきなさい。 具合の悪い人に使って試してみるといい。あなたは、生まれる前は知っていました。でも、いまは覚えていない。 いつも常につながっているから、情報として頭にうかぶことは、情報として、我々が送っていること。 だから、心の中で疑問に思えば、答えが思い浮かぶでしょう。でも、適切な疑問を思い浮かべるのは、易しいことではない。 疑問をもつということ自体に、認識力が現れる。 私たちは、あなたが、疑問を持ったこと以外に答えることは許されていない。そうでなければ、あなたの自らの学びにとって プラスとはならないから。

心の向きや思いがマイナスになっているときに、パワーストーンを身に着けているからと言って、 是正されるわけではない。石に頼ってはいけない。 前向きに何かをしたいと思った時に、力を発揮する。 受け身の思い、守って欲しいとか、そういう甘いものではない。

(病気の症状に効くといういくつかのブレスレットを目の前にして:)誰が使ってもいい。 目的に応じて、いろいろな石の組み合わせがある。 (だれでもが使えるブレスレットというものが)石とか、ブレスレットが劣っているというわけでない。 万人向けのものというのは、大事。

そうではない石というのは、それなりの力がないとだめ。 石を使って能力がでるわけではなくて、 その人がもともと持っている力の安定と強化であるということ。そのことを自覚して、ブレスレットを使うということ。 あくまでも、自らの主人公は、自分であるということ。

戻る